話題の水素水、選び方のポイントは?

話題の水素水
様々なメーカーが水素水を出していますよね。
でも、どこも良さそうで迷ってしまったりしていませんか?
ちょっと難しい化学用語も登場し、悩むことも多い水素水選び。
ポイントを絞って、シンプルに説明してみますね。

suiso

そもそも水素水とは?

水素水の名の通り、分子水素を含ませたり発生させたお水のこと。
見た目はふつうのお水と変わらず、無味無臭。
ではなにがちがうのかというと、その驚きの効果です。
水素を体内にとりいれることで、身体の中の活性酸素と融合し中和してくれます。
つまり水素水を飲むこよで、体内の組織をさびさせて老化を促す活性酸素を消し去り、美容と健康のためのアンチエイジング効果を発揮するのです。

水素水選びのポイントは?

まずはパッケージ。
水素水の水素は水の中に安定して存在してくれているわけではないのです。
また、水素の分子はとっても細かく、分子量の大きなパッケージではすり抜けてしまいます。
そのため、きちんと水素が含まれた水素水を摂取するためには、水素をしっかり閉じこめるパッケージが重要なのです。
水素水を守るために現在もっとも優れているのは、アルミパウチのパッケージ。
アルミパウチの水素水を選ぶようにしましょう。
また、水素水はコップに注いだらすぐに飲みましょう。
ちびちび飲むよりも、一気に飲んだ方が効果的です。

水素を確実に体内に届けるのなら、水中の水素の濃度も重要なチェックポイント。
最大飽和濃度といって、どれだけの量の物質を溶かせるか・含むことが出来るか決まった量があります。
一般的な条件での水素水の最大飽和濃度は約1.6ppm。
つまり約1.6ppmが水素水選びの基準となる濃度です。

パッケージと濃度をチェックして、お気に入りの水素水を見つけてくださいね!