水素水の抗酸化作用と水素水サーバーについて

最近美意識が高くなってきている女性が増えてきていて健康や美肌に気を使う人が増えてきています。そこで話題となっているのが水素水なのですがどういう効能があるのかしっかり見ていきましょう。

水素水には抗酸化作用があるので酸化を防ぐ働きがあります。肌が酸化してしまうとシミ、小じわ、ほうれい線などが出来やすくなってしまいます。

また体が酸化してしまうと老廃物が溜まりやすくなって成人病など大きな病気に繋がってしまいます。そのため抗酸化作用がある水素水を飲む事で肌や体の酸化を防いで肌の老化や成人病の対策が出来るというわけです。

  • しみ・ほうれい線・小じわ

水素水はダイエットにも効果的

水素水はダイエットにもすごく効果的で基礎代謝が上がって脂肪を燃焼しやすくしてくれます。また食欲を抑制する作用もあるのでお菓子など間食をする事を防いでくれるので肥満防止にも役立ちます。基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくして食欲を抑制するとなればダイエットする時にも最適の飲み物という事になります。

dpijd

年齢を重ねてくると酵素が減少してくるので疲労が取れにくくなってしまいます。しかし水素水には酵素も多く含まれていてしかも抗酸化作用があるので疲労回復をサポートしてくれます。また血流も良くする作用もあるので肩こり解消にも効果があると言われています。

  • ダイエット・肥満防止
  • 疲労回復・肩こり

水素水はペットボトルよりもアルミパウチで

水素水はペットボトルでも売られていますが、ペットボトルだと水素の外部で出てしまいやすく効果が半減してしまうと言われています。そのため水素水を飲む時はアルミパウチにするといいでしょう。アルミパウチは外出する時も携帯しやすいし手軽に飲む事が出来るので水素水を飲み始めるという人には特におすすめです。

水素水には副作用があるかどうかというのが心配なところではありますが現在は特に確認されてはいません。

しかし早く健康や美肌になりたいと思って過剰に摂取してしまうと腹痛が起こってしまう事があります。腹痛が酷くなってしまうと下痢などに悩ませられてしまう可能性もあるのでその辺りは注意しておかなければいけません。

hnoush

水素水をに飲むようになってある程度時間が経ったら自宅にウォーターサーバーを取り付ける方法もあります。初期投資やメンテナンスに費用がかかってしまいますが、たくさん飲むようになるとコストダウンをする事が出来ます。長期に渡って考えるとすごくお得になるので長い間飲み続けるという人は自宅にウォーターサーバーを取り付ける事を検討してみてもいいでしょう。

糖尿病にも効果があった水素水

まだ20代なのに糖尿病と診断されてしまいました。食生活よりも、インスリンがかなり出にくい体質という事が影響していたみたいです。

そのためインスリンを打ったり、後に投薬になりましたが治療を続けていてもなかなか改善する事がありません。元々食生活はかなり気を使っている方だったので運動量を増やしたのですが、社会人ですとなかなか運動する時間が確保出来ませんよね。

水素水を初めてみた

nsohs

そこで、治療の手助けになればと水素水を飲み始めました。運動が苦手なのに無理に運動の時間を増やした事でストレスを感じていたのも理由の一つです。

色々な口コミをチェックしてみると、ストレスに効果があると感じている方が多いですからね。「糖尿病にもストレスにも効果があるなんて自分にぴったり!」そんな気軽な気持ちで始めたのがきっかけでした。

まず、始めた頃には少しずつ体調がよくなっていました。糖尿病を発症する少し前くらいから、段々と体がだるくなってきていたんですよね。糖尿病になってからもどんどんと加速していきました。そんな体の不調が段々と良くなっていくのを実感したんです。これで、水素水は効果があるんだという事を実感する事ができました。

そして、ずっと水素水をずっと飲み続けていくと血糖値にも良い影響が出ていました。当初はヘモグロビンa1cが8以上になる事も多かったのですが、今は5.7~6くらいという非常に落ち着いた数値になっています。

先生からもとても褒められるようになりましたよ。今は治療のおかげで少しずつインスリンも出るようになってきましたので、今後もしっかり続けていきたいと思います。

話題の水素水、選び方のポイントは?

話題の水素水
様々なメーカーが水素水を出していますよね。
でも、どこも良さそうで迷ってしまったりしていませんか?
ちょっと難しい化学用語も登場し、悩むことも多い水素水選び。
ポイントを絞って、シンプルに説明してみますね。

suiso

そもそも水素水とは?

水素水の名の通り、分子水素を含ませたり発生させたお水のこと。
見た目はふつうのお水と変わらず、無味無臭。
ではなにがちがうのかというと、その驚きの効果です。
水素を体内にとりいれることで、身体の中の活性酸素と融合し中和してくれます。
つまり水素水を飲むこよで、体内の組織をさびさせて老化を促す活性酸素を消し去り、美容と健康のためのアンチエイジング効果を発揮するのです。

水素水選びのポイントは?

まずはパッケージ。
水素水の水素は水の中に安定して存在してくれているわけではないのです。
また、水素の分子はとっても細かく、分子量の大きなパッケージではすり抜けてしまいます。
そのため、きちんと水素が含まれた水素水を摂取するためには、水素をしっかり閉じこめるパッケージが重要なのです。
水素水を守るために現在もっとも優れているのは、アルミパウチのパッケージ。
アルミパウチの水素水を選ぶようにしましょう。
また、水素水はコップに注いだらすぐに飲みましょう。
ちびちび飲むよりも、一気に飲んだ方が効果的です。

水素を確実に体内に届けるのなら、水中の水素の濃度も重要なチェックポイント。
最大飽和濃度といって、どれだけの量の物質を溶かせるか・含むことが出来るか決まった量があります。
一般的な条件での水素水の最大飽和濃度は約1.6ppm。
つまり約1.6ppmが水素水選びの基準となる濃度です。

パッケージと濃度をチェックして、お気に入りの水素水を見つけてくださいね!

水素水の驚くべきパワー

ストレス社会といわれる現代、不規則な生活、暴飲暴食といった生活環境が我々の健康に与える影響は大きいと思います。

そんな生活状況下で発生する、悪玉の活性酸素が過剰に体内にたまってしまうと、細胞を酸化(サビ)させたり破壊したり、生活習慣病疾患の原因になっております。

この元凶の活性酸素を除去できると期待され、いま最も注目されているものが「水素水」です。

power

水素水には、悪玉の活性酸素を消去するのに最も確実で強力な抗酸化物質が含まれているといえます。抗酸化物質といえば食物に含まれるビタミンC・E、βカロチンなどもありますが、わずかな力しかなく十分とは言えながいようで、水素水の抗酸化作用には決してかないません。

体内の悪玉活性酸素を効果的に素早く除去するには、水素水を体内に取り込むことが一番確実な方法でしょう。

水素水を摂取することにより、抗酸化物質が確実なスピードで体の隅々に行き渡り、体中の細胞がみるみる活性化され、代謝機能も格段にアップされていきます。

美容にもオススメの水素水

そして、それは美容やダイエットの効果も非常に期待できるのです。水素水をコットンに含ませ化粧水として顔に塗るとつやつやになります。アイスコーヒーや梅酒の水割りに使用するのも良いでしょう。

水素水を愛飲している方々に尋ねてみると、「健康に良いから」、「美しくなりたいから」、「ダイエットのため」とやはり様々な意見があがります。

水素水の効果については、国内や海外の大学の研究者らによって様々な意見やレポートがなされており、今後ますます多くの面で効能が期待されています。

水素水は病気予防や老化防止など健康が気になる方に

人間は、ストレスなどによって体内に活性酸素が発生します。この活性酸素は、体内の細胞や物質と結びついて酸化させてしまうことで、老化を早めたり、様々な病気の原因になることが分かっています。そのため、できるだけ体から除去するのが望ましいものです。

suios9

いわゆる「抗酸化作用」や「抗酸化物質」などは、この活性酸素の除去や減少につながる作用を持つものについて使われます。

食品やサプリメントなどには、よく「抗酸化」という言葉が使われますが、最近話題の水素水も、強力な抗酸化作用を有しています。

水素水の抗酸化効果

水素水は、水分中に水素を含むため、摂取することで体内の活性酸素と結びつき、細胞などの酸化を事前に防ぐ作用を持ちます。

suiso8

日常的に水素水を摂取することで、体内の活性酸素を減少させますので、病気の予防に役立てることができます。それだけでなく、細胞の老化防止にもつながるため、毎日飲んでいれば、その分老化を遅らせることができるといえます。

水素水を実際に利用すると、たいていの人はトイレが近くなります。これは、体内で水素水中の水素と活性酸素が結合して水となることにより、体内の水分量が増加することによります。

このことから、夏場の水分補給や、糖尿病などにより水分を多く摂取することを勧められる方などにも、大変適しているといえます。

また、お肌の老化が気になる女性などは、お肌に直接塗るなどして、お肌の老化を進める活性酸素を減らすといった使い方もできます。

活性酸素は、ストレスによって劇的に増加することが分かっているため、特に日常的にストレスにさらされている方については、病気予防や老化防止のため、水素水を摂取することが強く望まれるといってよいでしょう。